磐椅神社(いわはしじんじゃ)

福島県猪苗代町にある磐椅(いわはし)神社は、会津藩祖 保科正之が信仰した延喜式内勅祀社正一位、会津総産土神の社。会津五桜の一つ「大鹿桜」、鳥居杉に根付く「えんむすび桜」、霊水「宝の水」などがあります。


〒969-3102 福島県耶麻郡猪苗代町字西峰6199 TEL・FAX0242-62-4109 宮司 伊東政則
大鹿桜
このエントリーをはてなブックマークに追加
Clip to Evernote

947(天暦元)年に村上天皇の勅使が奉納したというサトザクラの一品種、八重桜(子菊桜)で「会津の五桜」のひとつ。福島県緑の文化財登録第1号、猪苗代町指定天然記念物。「高一丈六尺余、枝葉二丈計を庇ひ極めて老樹なり、開花の時濃香馥郁佗樹に異なり、花色鹿の毛彩に似たり、故にこの名あり」(新編会津風土記)とある。花の香りがよく、開花時は白色で、その後ピンク色に変わり、最後は鹿の色に似ることから「大鹿桜」と呼ばれる。花の中心めしべが変化し二、三の葉が生じる。花びらも七十数枚になるという珍しい桜である。標高580㍍の高地にあるため、福島県内で最も遅く咲く桜の名木の一つ。開花期間はゴールデンウイーク後半から5月下旬。長い間咲いていることから別名「翁桜」と呼ばれる。


 

会津の五桜
 会津地方にある桜の名木。これらの桜は新編会津風土記にも掲載されている。
石部桜
会津若松市一箕町八幡の水田のなかにあるエドヒガン。芦名氏の重臣石部治部大輔の庭にあったと伝わる。色は淡い紅色。開花時期は4月中旬。


薄墨桜
大沼郡会津美里町の伊佐須美神社境内にあるサトザクラの一品種。神社創建当時からの神木とされる。開花時期は4月下旬。


虎の尾桜
会津美里町雀林の法用寺観音堂前にあるサトザクラの一品種。法用寺がこの地に建てられた時からあると伝わる。開花時期は4月下旬。

糸桜
河沼郡会津坂下町船杉の薬王院にあるエドヒガンの変種のしだれ桜。開花時期は4月下旬。